江戸川区の放課後等デイサービス「ハッピーテラス江戸川」

療育の放課後等デイサービス【江戸川区】

コミュニケーション能力の育成のため、療育(SST・ソーシャルスキルトレーニング)を
中心とした年間プログラムを組んでいます。
子供達が自信を持って生活が出来るよう、自立する力を育むお手伝いを目指しています。
子供たち一人一人に寄り添い、尊重し、共に歩んで行こうと考えています。
ご家庭と連携して発達環境づくりを行いたいと思っています。
どうぞお気軽に、ご相談ください。

放課後等デイサービス「ハッピーテラス江戸川」責任者 中村英一郎

放課後等デイサービス「ハッピーテラス江戸川」が
目指すもの

・子どもは絶対に成長するという信念
・「自信」を持たせ自立をめざします
・アプローチ手法にはこだわりません

教室のみんなで同じテーマの学習をします。
教室に来ているお友だちみんなで同じテーマに取り組みます。ただし子どもの状態によっては積極的に参加できない場合もあるかもしれません。そのような場合には、一緒にやりたい気持ちになるまで個別対応をしたり、一緒にやることの楽しさを伝えるなどして、無理強いはしません。

グループを分けることもあります。
同じ「内容」での学習に取り組めない場合もあります。そのような場合には教室をグループ分けして異なるゴール設定をして学習を進めることもあります。


放課後等デイサービス「ハッピーテラス江戸川」は
自立のためのプログラムに注力します。

最初に厚生労働省の診断項目を利用してアセスメントを行い、個別のゴールを設定します。全体のゴールとともに個別の指導計画にに基づくテーマを学期ごとに設定します。療育には様々なテーマがありますが、放課後等デイサービス「ハッピーテラス江戸川」では「自立」に向けて以下の4つのカリキュラムを用意しています。
● 身体スキル ● 学習スキル ● 生活スキル ● 社会性スキル

放課後等デイサービス「ハッピーテラス江戸川」の
カリキュラム

・年間カリキュラムに沿った集団トレーニング
厚生労働省のアセスメント項目に基づいて編成した年間カリキュラムです。1週間ごとに様々なテーマのトレーニングを行い、重要なテーマは1年間のカリキュラムの中で繰り返しトレーニングします。

放課後等デイサービス「ハッピーテラス江戸川」の考えるコミュニケーション力とは「楽しさを生み出す関係を作る力」です。そのために、講師主導ではなく、生徒共同のグループワーク型のトレーニングとなっています。生徒同士の教え合い・学び合いによるコミュニケーションの活性化と偏りのない参加を重要視しています。

・スモールステップを踏んで学習スキルを養う教材
スモールステップで「きちんと分かる」ことを積み重ねていくことで、楽しく、自信を持って、自ら学習に取り組める力をつけます。この反復で読み書き、計算の基礎を養います。読み書き・計算の基礎力をスモールステップを踏んで学習スキルを養います。

・楽しみながら生活スキル、社会スキルを身につける教材
生活の中の様々な場面を想定した幅広い教材を活用しながら、ロールプレイングやディスカッションなどを通して、実際に役立つ知識や行動様式、考え方を身につけていきます。「楽しい教材」でライフスキル、ソーシャルスキルを養います。

・レクリエーション、ゲームなどによる身体スキルの向上
指示に従って体を動かすことで「粗大運動」のトレーニングを行います。また、体を動かしながらのレクリエーションで、他人とのコミュニケーションを取っていきます。体操や体を使ったレクリエーションで身体スキルを養います。

アナログゲームや工作を通して、日常生活に必要な様々な「微細運動」のトレーニングを行います。様々なタイプのゲームで、気持ちのコントロールや想像力・推理力・判断力も磨いていきます。アナログのゲームや指先を使った作業で身体スキルを養います。


私たちハッピーテラスが目指すもの
放課後等デイサービス「ハッピーテラス江戸川」では、ご家庭と連携しながら、トレーニングを通して「楽しさを生み出す関係作り」を子どもたちが学び、楽しく毎日を過ごすサポートをいたします。
4つのスキルトレーニングプログラム
放課後等デイサービス「ハッピーテラス江戸川」では、4つのスキルトレーニングに基づいたグループワークにより段階を踏みながらコミュニケーション力を育成します。
うれしいお言葉がたくさん、保護者の声
トレーニングを通じたお子様の成長に、保護者の皆様から喜びの声をいただいております。お子様の課題は様々ですが、一例を紹介いたします。
一覧を見る
© 放課後等デイサービス「ハッピーテラス江戸川」